練馬高野台病院について | 当院の特徴

慈誠会・練馬高野台病院

安心して暮らせる地域づくりに貢献します

​当院は一人の患者さんを院内でシームレスに診ることのできるケアミックス病院です。

回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟、医療療養病棟を開設予定です。

患者さんに合わせたシームレスな医療・介護の提供

患者さんの状態に合わせて、亜急性期から終末期まで一貫して医療・介護サービスを提供いたします。

転院することなく術後のケアやリハビリテーション、在宅復帰、在宅ケアまで行うことが可能です。

慈誠会・練馬高野台病院
 
医療と生活、両方の視点をもった病院

医療の視点だけではなく、現在の生活や今後どのような暮らしを続けていきたいのかを患者さん・ご家族と共に考え、退院後も安心して在宅生活を過ごせるよう支援いたします。

慈誠会・練馬高野台病院
 
​退院後を見据えたリハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟では土日祝祭日も休みなく、365日リハビリテーションを行います。

社会復帰、家庭復帰、寝たきり防止など、退院後の日常生活を見据えたリハビリテーションを計画いたします。

慈誠会・練馬高野台病院
 
チーム医療で患者さんを支える

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、介護スタッフなどがチームを組み、入院時からチームで治療・リハビリテーションの方針を決定し、指導・サポートします。

慈誠会・練馬高野台病院
 
地域へつなぐ、安心できる退院支援

退院前カンファレンスには、患者さん・ご家族にご参加いただき、当院のスタッフとケアマネジャーなどの地域サービス提供者を含めて退院後の療養生活について話し合いを行います。退院後に必要な在宅サービスを確認したり、療養生活上の指導を共有し、病院から地域へ切れ目のない支援を行います。

慈誠会・練馬高野台病院